声優オーディションに見る年齢と宣材写真

声優になろう

年齢にこだわり過ぎないのがポイント

声優業界の採用の方針は二つあるように感じます。一つは顔出しや歌の仕事を積極的に行うプロダクション、もう一方は「声の仕事」がほぼ中心であるプロダクションです。

顔出しアイドルとなると年齢的には若いイメージが強いですが、声優の仕事はアイドルだけではありません。ある大手声優事務所のオーディションでは10代~25才くらいの人までの方が採用されていました。またチェンクローキャラクターボイスオーディションではオーディションにより23才~27才の男女が一般参加から選出されています。十代でのエントリーもありましたが、やはり実力の差でしょうか全員20代となっています。

年齢はさておき、ルックス的も声優的流行はあります。特にプロフィール写真撮影の場では傾向が分かります。ファッション的にはカジュアル~ちょっとお洒落であり、男性はシャツ又はシャツ+ジャケット、女性は可愛く又は優しいイメージが中心です。

撮影での共通点は背景色は白、顔の表情で男性は爽やか又はイケてる感じ、女性は爽やか、優しい、誠実、萌えなどがあります。顔のアングルは正面から上下、横ふりで25%以下です。

以上のように分析を行えば、有能な自己プロモーションが出来るようになります。がんばって芸能界入りを果たしてください。

美容師必見撮影用レンタルスタジオなら