芸能ニュース・芸能界に入るためのマニュアル

声優オーディションを受けて芸能人になる

声優さんのオーディションに欠かせない、声の録音そして写真についてです。第一次審査では声の課題としてデモテープに声を吹き込み、与えられたナレーションや台詞を録音します。中には歌を録音する場合があります。

その録音する場所と方法ですが大きく分けると2通りあります。一つはカラオケ店で録音する方法です。これはコスト面で負担が少ない方法です。

もう一方はプロの録音施設で専門の録音技師と共に行う方法です。歌やナレーションをを最大限、上手に伝えるなら「録音施設」で行うのがベストです。

理論的には歌やナレーション等の上手い人が優れた環境の中録音すれば、ハイレベルに作品となり他の候補者を圧倒することも可能となります。

オーディション用写真もかなり大切

提出用のオーディション写真の撮り方についても差が出ます。自分撮りや友人等に撮影を頼むか、オーディション写真、宣材写真に慣れたスタジオに出向き撮影するかです。

自撮りや友人に撮ってもらう場合、撮影場所、服装、カメラ、撮り方、ポーズなどのディレクションをご自身ですることになりますが、上手に環境を整えるのは大変です。その点、プロの写真スタジオではカメラマンのレベルの違いはあっても、プロとしての技術レベルはありますので品質の違いは明らかだと思います。

声優に特化した撮り方やポーズの情報を配信しているサイト、声優系のオーディション写真や宣材写真撮影ではプロダクションごとに撮影手法を変化させることでニーズを満たす写真をご提供しています。

以上のように声優オーディションでは、プロの手を借りて準備を整えた場合と、ご自身ですべて行った場合では、品質にかなりの差が出てきます。そのためコスト負担は増しますが、将来のご自分に投資することがリターンを取れることになるのです。